使用用途によって、スペックを選ぼう
2017.06.21

小さなコピー機コピー機を購入やリースを考えている方は使用用途によってスペックを選ぶ事でより使いやすく費用も抑える事が可能です。
オフィスでの使用用途を把握する事も大事なのでスペックについて紹介致します。

特にリースの場合には1分間にどのくらい印刷が出来るかにより金額が変わります。
印刷速度が早ければリース代も高くなります。
さほど印刷機能を使わないのに印刷速度の速いコピー機を利用していると余計にリース費用を払っている事になります。
印刷速度にこだわらない場合ならコピー機をリースではなく激安コピー機を購入した方がトータル的に費用を抑えられることもあります。
シンプルで印刷速度が速くないものならコピー機の価格も安いです。

逆に印刷の機会が多く速度が速い機種は激安コピー機で探すのは難しいです。
購入すると考えるとコピー機の価格は高くなります。
その場合はリースの方が良い場合も多いです。
ですがリースでも費用は高くなることはお忘れなく!
さらにプランでも変わってきますのでトナー代やメンテナンス料はどうなのか?自分のオフィスの枚数を把握していれば月額の相場なども分かります。

また印刷以外にFAXやスキャンをする場合にもリースの場合には料金が発生する場合もあります。
機種により月にどの位使用するかでおすすめされる時もあるのでオフィスの利用状況は把握しておきましょう。
最適なコピー機を選ぶためには良く使う機能やよく使う用紙のサイズなどリストアップしておくと見積もりを貰う時の参考にもありますし、より実際に支払う料金の参考になります。

コピー機をリースする場合には最新の機能が搭載されているに違いないと勘違いして機能を重要視しない会社も多いです。
重視するのは料金だけ!と考えているといざリースした時に使いたい機能が搭載されていないと言うこともあります。
最近のコピー機は無線LAN対応の機種もありますので線が届か居ない所でも配置が可能です。
こちらの無線LANも必ず搭載されている訳ではないので確認が必要になります。
またデザイン系のオフィスではMacを利用しているのにMac対応ではないコピー機もあります。
Mac対応の場合だと印刷機能もポスターサイズまで印刷できるコピー機もあります。
標準で欲しい機能が搭載されている訳ではないので注意が必要ですよ。

人気の機能としては無線LANやカラースキャナ読み取り、カラー印刷や両面印など。
また、セキュリティ面からもICカード認証や自動データ消去など常にセキュリティを重要視している会社にはおすすめの機能です。

▲ ページトップへ