進化するコピー機の機能
2017.06.21

黒いコピー機オフィスの作業で欠かせないのがコピー機です。
印刷するだけではなく、FAXの送受信やスキャナー機能など多機能なコピー機も多くなりました。
多機能なコピー機は複合機とも呼ばれさらにコピー機は進化しています。
さらに進化したコピー機の性能について紹介します。

性能を考慮しなければ格安でコピー機は購入する事が可能です。
リースの場合にもコピー機と多機能の複合機を比較して安い方を選ぶ事も可能です。
ですが会社によっては使用内容が違う為、多機能なコピー機を選びたいオフィスも多いです。
コピー機と複合機を比較して多機能な複合機を選んだ場合にはコピー機は格安では無理なので購入よりもリースの方が経費の削減に繋がる場合も多いですよ。

コピー機は進化しているので、コピー機の格安にはない機能が沢山あります。
最近では人気の機能が標準としてついている場合も多いです。
例えば、カラー印刷やカラースキャンは使用頻度も多いことから新しいコピー機には搭載されている事が多いです。
コピーの失敗を減らすために見てからコピーという機能もあります。
見てからコピーなら方向を間違えた場合やズレてしまっている時にやり直しをする事が出来ます。
トナーや紙の節約にも役立ちます。

また印刷のサイズも一般的なサイズはA3までが多いです。
ですがデザイン系のオフィスや建築系の会社ではそれ以上の印刷やコピーも行うため印刷の紙のサイズが大幅に大きくなりました。
リースの場合にはオプションになる場合もありますがA1サイズ以上が可能なコピー機もあります。
ポスター印刷が多い会社でもポスターサイズが印刷できるのは嬉しいですね。
また封筒サイズが標準で搭載されているコピー機もあるので封筒を送付する機会が多い会社では重宝します。
印刷サイズは会社により必要な印刷サイズが違うので購入の際やリースをする時には確認が必要です。

また、セキュリティ面でも進化しています。
暗号化通信は前からある機能ですが、進化したコピー機ではICカード認証や自動でデータを消去してくれる機種もあります。
よりセキュリティを強化したい場合には進化したセキュリティ機能を考慮してみるもの良いですね。
制限コード埋め込み機能もあるので用途によりセキュリティを選ぶ事が可能です。

コピー機は格安でも機能が充実している機種もあります。
コピー機の金額や欲しい機能、購入が良いのかリースが良いのかなど営業や担当に伝えると詳しく悦明してくれるので安心です。

▲ ページトップへ